2018.12.04屋上防水工事

こんにちは、中ノ瀬です。

みなさんは建物の改修時期を判断する場合にはどこをみられますか?

外壁の色合いや壁にひびがないかなどを見られる方が多いと思われますが、

外壁はもちろん、屋上などの防水部をみることがとても重要になります。

木造住宅では、屋根瓦の破損などを確認することも同じです。

というのも外壁の色合いが落ちておらず、あまり劣化がない場合でも、

実は屋根屋上から漏水しており壁の内部が劣化している場合があるからです。

木造住宅でも内部への漏水が進んでしまっていると、改修時にも下地から

やりかえる必要がでてしまい、金額的にも1.5倍からひどいと2倍近くかかる

場合があります。

RCの場合にも金額の増額はかなりのものです。

こちらの写真は最近現地を確認にいって工事が確定したものです。

47315985_2215594655395592_1791117549887291392_n

47371759_2215594632062261_84737132064669696_n

どちらも劣化が進んでいましたが、早めの判断で工事が確定したために、下地補修工事の

金額もあまりかからずに済みました。

みなさんも気になる場合はお早めにご相談下さい。

屋上防水工事もILEへ!

お問い合わせ

福岡支社 [TEL] 092-726-7044

長崎本社 [TEL] 095-843-4205

福岡・長崎のビルやマンションの大規模修繕工事、大規模改修工事、屋上防水、外壁塗装、内装リフォームなどの建築工事全般のことなら株式会社ILEにお任せください。